株式会社 秋田放送

秋田とともに、視聴者やリスナーのために!
  • 地域 秋田県
  • 仕事内容 放送・情報通信

仕事内容

Thumb abs

2020年4月1日、秋田駅西口の新社屋へ引っ越し
良質な番組制作と迅速な情報提供で地域に貢献


秋田に生まれて66年。来年4月1日には秋田駅西口に完成した新社屋に完全移転予定で、只今、懸命に引っ越し準備中です。テレビは日本テレビをキー局として、ローカル番組の制作にも力を入れており、県内初の民間ラジオ放送局として高い評価を得ているラジオは、県民の生活に密着した情報を発信。「もっと、秋田が好きになる。」をテーマに、歴史あるテレビ局として責任と誇りを持って、これからも秋田に貢献していきたいと思います。  記者やディレクターを目指している方はもちろん、放送業に携わりたい方にとって、目の前のことに対して常に興味や疑問を持つことは大切だと思います。学生時代のさまざまな経験が、放送人としての個性になるはずです。


秋田放送は、東京オリンピック開催の2020年4月、秋田駅西口の新社屋に移転する。新社屋では、1Fエントランス横の多目的ホールや会社前のスペースを生かしたイベントを構想中。県民が気軽に立ち寄ることができるような、開かれた放送局を目指している。


“秋田の今”を伝える「ABS news every.」、旬の情報が満載の「エビス堂☆金~ゴールド~」が県民に定着。ラジオは、「あさ採りワイド秋田便」、お昼の「エキマイク」などが好評です!

先輩の声

生出 早紀さん

生出 早紀さん

報道制作局 報道部

勤続年数 ◎1年目

趣  味 ◎ライブに行くこと (お笑い、音楽、ハロー!プロジェクト)、読書

性  格 ◎マイペース


現場へ取材に出て原稿を書いたり、VTR編集作業の立ち会い、字幕を制作するのが私の業務です。相手に感謝の気持ちを持って取材する、チームで仕事をしていることを忘れずに行動するよう心がけています。視聴者に目的を持ってニュースを放送することが今の目標です。




藤田 裕太郎さん

藤田 裕太郎さん

報道制作局 アナウンス部

勤続年数 ◎1年目

資  格 ◎剣道四段

趣  味 ◎釣り

性  格 ◎石橋を叩いて渡る


アナウンサーは、多くの方の協力を得てチームが取材をしたものを、最後に伝える「ストライカー」。自分が発する言葉に責任を持ち、正確な情報を発信するよう努めています。いろいろなジャンルの基礎を学び、どんな場面でも対応できる柔軟性を持ちたいです。

写真ギャラリー

にぎわいを創出するイベントを多数企画

視聴者やリスナーとふれ合える貴重な機会として、イベントを開催。 秋田市中心市街地のにぎわい創出にもつながる「ABSまつり」や、さまざまな企業協力により盛り上がりを見せる「私立恵比寿中学秋田分校」などが代表です。

カラダを動かす活動にも積極的

川口竿燈会のスポンサー企業として、「秋田竿燈まつり」にも協賛。社員たちが揃いの半被を着て参加しています。また、他県の放送局と毎年開催している「三局野球大会」にも積極的に参加し、試合を盛り上げています。

会社概要

会社名 株式会社 秋田放送
所在地

〒010-8611 秋田県秋田市山王7-9-42

TEL 018-824-8533
FAX 018-824-8585
HP https://www.akita-abs.co.jp/
設立 1953年10月
従業員数 149名
事業内容 ラジオ・テレビの放送事業

所在地